YAKUSHI NYORAIZAZO Joruriji-temple, Buddha Statue Figure

ISUMU / Standard / 003778
Add to cart
  • Description
  • More
  • Specifications

YAKUSHI NYORAIZAZO Joruriji-temple / Standard
Buddha Statue Figure, by Isumu

Yakushi Nyorai is depicted with the left hand holding a jar that contains medicine to cure all kinds of sickness. Yakushi Nyorai lives in the pure world filled with light, the color of lapis lazuli In Buddhism, the east, where the sun rises, is thought to be the place where life is born, and the Yakushi Nyorai who is at the center.
This statue was the principal image of JORURIJI in Kyoto at the time of the temple's founding and is now a Secret Buddha enshrined as the principal image of the three-storied pagoda, a national treasure, which stands on the east side of the temple grounds.

京都・浄瑠璃寺創建時の本尊
万病癒やす大医王仏

東方浄瑠璃から現世の衆生を救う薬師如来
正式な名を薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)といい、清浄な東方瑠璃光浄土を司る薬師如来。菩薩として修行していた時に打ち立てた「十二の大願」では、特に諸病諸苦と貧困を除き安寧を与えるという現世利益が注目され、衆生を直接救う仏として広く信仰されます。
左手に万病を癒やす霊薬が入った薬壺を持つ姿が一般的で、両脇に日光・月光菩薩をともなう三尊像や、眷属の十二神将を従える群像がよくみられます。

浄瑠璃寺 三重塔の本尊を特別に制作
モデルは京都 浄瑠璃寺の国宝 三重塔の本尊、重文「木造 薬師如来坐像」。永承2(1047)年の創建当時の本尊で、現在は年に数度の開帳日を除き秘仏とされます。
面長の輪郭と切れ長の眼が表情に威厳を与えつつ、苦しみを取り除く薬師如来らしいおだやかさも感じさせます。大きな白毫と安定感のある体躯が特徴的なこの像を、ディテールも豊かに仕上げました。

浄瑠璃寺×イスムプロジェクト
文化庁等による「紡ぐプロジェクト」2020年度の文化財修理助成事業の対象として、浄瑠璃寺の本尊 国宝「木造 阿弥陀如来坐像」(九体阿弥陀)が現在修復中です。 これに伴い浄瑠璃寺では勧進を募っており、イスムは当製品の売り上げの一部を寄進し文化継承事業に貢献します。

Manufacturer: Isumu
Package size: 260x405x270mm
Height: 260mm
Width: 125mm
Depth: 128mm
Weight: 1200g
Related Products